profile

下西 風澄(しもにし かぜと)。
1986年生まれ。東京大学大学院博士課程単位取得退学後、哲学を中心に講演・執筆活動を行う。生きていることの意味は、生命や意識にいかに生じるのか、哲学や認知科学を横断して研究している。論文・執筆に「フッサールの表象概念の多様性と機能」(『現象学年報第33号』)、「色彩のゲーテ」(『ちくま』,筑摩書房)などの他、詩作品「詩編:風さえ私をよけるのに」(YYY PRESS)も寄稿。近刊に絵本『10才のころ、ぼくは考えた。』(福音館書店)。


© Copyright 2012, kazeto shimonishi.all right reserved.